Sponsored Link

2010年03月28日

ヒルズダイエット(クチコミ)

ヒルズダイエットのパステルゼリーはムース、ババロアのような口当たり
のスイーツのような美味しいダイエット食品です。

バナナやブルーベリー、マンゴ、オレンジ、メロンなどの美味しい果物味の
ゼリーで好きな味を食べることができますよね。。。
牛乳を混ぜて食べることで、満腹感もかなりのもの。。。
このスイーツのようなダイエット食品は女性にとても大人気となっています。。。


続きを読む
posted by asato at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

簡単ダイエットって???

ダイエットに取り組んでいるときに、ストレスを感じることがよくあると思います。。。
でも、「我慢」しなければと思い込み、「ストレス」がたまっていくことになります。。。

できれば、この「我慢」→「ストレス」、こんな構図は嫌ですよね。
それで、無理なく簡単ダイエットができる方法を考えて見ましょう。

いくつか方法はあります。
まず、あなたは猫背ですか?
姿勢は正しいほうですか?

質問に「何故?」って思いましたか?
これは、血行が悪いとそこにダイエットの強敵である脂肪が溜まりやすい体になるためです。

本当は、規則正しい生活をしていればダイエットする体系にはならないのですが、姿勢が悪い・食べ物を摂取する時に”よく噛まない”・睡眠不足などが大半の原因だと言われています。

自然にダイエットがしたい人には、
1.姿勢正しくする(血行が良くなり代謝が活発になる。)
2.食べ物をよく噛んで食べる(顎を使う事で満腹感になる。)
3.睡眠をちゃんととる(まず体が一番の資本です。※寝すぎに注意)
この3つをちゃんと行なう事が簡単ダイエットの基本になります。

このブログでも、「デューク流・心身バランス整うウオーキング」を取り上げましたが、この中でも「姿勢正しく歩く」ということに触れられていると思います。
また見ておいてくださいね。。。

By A.S. on 11 Mar., 2009
posted by asato at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

ダイエットとよく噛むことの関係

毎日新聞2009年1月30日付東京朝刊の記事を取り上げておきます。
記事タイトルは、「早食い防止:一口30回かんで健康に あご動かし唾液分泌…肥満、脳の老化、虫歯予防」です。
ゆっくり、噛む回数を増やして食べることにより、それがあごを動かし、唾液分泌により、「肥満防止=ダイエット効果」、「脳の老化」、「虫歯予防」に効果を発揮するとのことです。

私なども、特に昼食等については、早く済ませるために飲み込むように食べてしまうことがありますが、もっとゆっくり、噛む回数を増やして食べないといけないですね。。。
少し長くなってしまいますが、全文を引用しておきますね。。。
参考になると嬉しいですね。。。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
早食い防止:一口30回かんで健康に あご動かし唾液分泌…肥満、脳の老化、虫歯予防

慌ただしい現代社会。急いで食事をかきこむ癖のついた人は多い。早食いは健康に良くないと聞く。早食いの影響や、ゆっくり、よくかむためのアイデアを調べた。

○時間かけて食事 歯ごたえある食材利用

大阪大の磯(いそ)博康教授(公衆衛生学)らは30〜69歳の男女3297人を対象に、早食いと肥満の関連を調査した。早食いで満腹まで食べる人は、そうでない人に比べると、肥満度を示すBMI(体格指数)が25以上の「肥満」になるリスクは約3倍だった。

人は食事をすると、血糖値が上昇し、満腹中枢が刺激されて食事をやめる。ところが、早食いの人は、満腹を感じる前に多く食べてしまうため、エネルギー摂取量が多くなる傾向にある。磯教授は「早食いと怒りや疲れなど精神的ストレスも関係している。慢性的にストレスを感じている人は高カロリーの食べ物を好む傾向にある」と指摘する。

今月22日、埼玉県戸田市文化会館で、65歳以上の男女11人がリズムに合わせ、口をとがらせたり、すぼめたりする運動をしていた。頬(ほお)の筋肉を動かすなど、12種の動きを取り入れた「お口の健康体操」だ。

指導する埼玉県歯科医師会の白根雅之・歯科医師は「よくかむと、あごの骨や筋肉が動いて血液循環が良くなり、脳細胞の動きが活発になり、脳の老化を防ぐ。口に入れた食べ物が小さくなるので、のどに物が詰まりにくくなり窒息予防にもなる」と強調する。参加した女性は「毎朝、食事前に体操している。口の周りが軽くなり、おいしく食べられるようになった」と話す。

体操には、あごの下の唾液(だえき)腺を刺激する運動を取り入れている。白根さんによると、唾液に含まれる酵素「アミラーゼ」はでんぷんを分解し、胃腸の負担を減らす。また、口の中の汚れを洗い流し、歯の表面をきれいにする。口の中を常に中性に保とうとする作用もある。唾液は、かめばかむほど出る。

ハンバーガーやカレー、牛丼、ラーメンなど軟らかく、食べやすい食事は、忙しい人にはとても便利だ。日本咀嚼(そしゃく)学会元理事長の斎藤滋さんは、時代とともにかむ回数がどう変化してきたかを、当時の食べ物から推測した。現代人が1回の食事でかむ回数は、弥生時代の6分の1以下、食事時間も5分の1という。戦前と現代を比べてもかむ回数、食事時間とも半分以下に減っている。斎藤さんの助言を受け、出版社「学校食事研究会」(東京都千代田区)は、よくかむことの効能を八つ掲げ、それぞれの頭文字をとって「卑弥呼(ひみこ)の歯(は)がいーぜ」とのキャッチフレーズを作った。弥生時代後期の女王、卑弥呼にちなんだ。


毎日の食事でどうやって早食いを防止すればいいか。
白根さんによると、
(1)一口で食べる量を少なくする、
(2)30回かむ、
(3)一口飲み込むごとに、はしを置く
ことをあげる。

メニューから工夫することもできる。歯ごたえのあるレンコンやゴボウなど、食物繊維の多い野菜や小魚を加えたり、白米に玄米を混ぜるのがお勧めだ。

「会話を楽しみながらゆっくり食事をすると、親近感も深まる。子どものころから身につけることが大切だ」と白根さんは助言する。

◆よくかむと期待できる8大効用

◇ひ
 肥満予防=少量で満腹感が得られ、ダイエットに
◇み
 味覚の発達=食べ物本来の味が分かる
◇こ
 言葉の発音はっきり=あごが発達し、歯が正しくはえそろって、かみ合わせが良くなる
◇の
 脳の発達=脳細胞の動きを活発化。ぼけ防止にも
◇は
 歯の病気予防=唾液がたくさん出て歯周病や虫歯を予防
◇が
 がん予防=唾液には発がん物質の働きを抑える物質が含まれるという
◇い
 胃腸快調=よくかむほど消化酵素がたくさん出て、胃腸の負担を軽減
◇ぜ
 全力投球=奥歯をぐっとかみしめることで、力いっぱい遊びや仕事ができる
 ※学校食事研究会発行「学校の食事」などから作成

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
By A.S. on 2 Feb., 2009
posted by asato at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

寝ているだけでダイエット(その3)

今回は、毎日新聞の記事「快眠のツボ:『深夜0時には就寝を』スリープクリニック調布・遠藤拓郎院長に聞く(その3止)」を取り上げ、引用しておきます。
健康‐ダイエット‐睡眠の関係について知っておくといいかもしれませんね。。。
記事タイトルにリンクを張っておきますので、記事もチェックしてみて下さいね。。。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
寝つきが悪い、夜中に目が覚める−−。誰しも経験があることだと思うが、医者に診てもらう必要のある不眠かどうか、どうやって見分ければいいのだろうか。スリープクリニック調布の遠藤拓郎院長は「困っていること」がポイントになるという。【聞き手・岡礼子】

−−診療が必要な症状とは。

寝つくのに30分以上かかる、夜中に3回以上起きる、起きようと思った時間より30分以上早く目が覚める。この3点が目安です。しかし中には、それでも元気だという人もいるので、加えて、それで困っている人ですね。必ず睡眠の専門医に行ってください。日本睡眠学会のホームページに認定医が掲載されています。

−−とりあえず内科に行く人も多いのでは。

内科の医師に眠れないと言うと、必ず睡眠薬を出します。しかし、僕らにとって睡眠薬は、最初の薬ではなく最後の薬。睡眠薬以上に効く薬はないですから、最良にして最終兵器なんです。そして、どの薬も多かれ少なかれ、長期間にわたって継続的に、大量に飲むと効かなくなる。

−−安易に飲んではいけない。

例えば、ストレスが原因で眠れない人も、睡眠薬を飲めば眠れます。でも、根本の原因を放置したままなので、不眠は解消されません。投薬は長期、継続、大量になり、最後は睡眠薬中毒になります。逆に原因の治療だけしていると、抗がん剤で体力を消耗してしまうように、患者はへとへとになってしまう。僕らは原因と睡眠薬のバランスをとりながら治療します。

−−良質な睡眠を取るには。

アメリカの統計によると、高齢になって7時間眠れている人が一番長生きです。人間はだいたい7時間くらい眠るのがいいんだろうと思う。しかし、30代〜50代で7時間きっちり眠れている人はなかなかいませんから、コアタイムを中心に睡眠時間を考えてほしい。

−−コアタイムとは。

夜12時〜朝6時です。なぜかというと、深い「ノンレム睡眠」は寝てから3時間の間に出る。浅い「レム睡眠」は夜中3時〜6時の間にもっとも多く出るからです。「レム睡眠」は体内時計で制御されていますが、「ノンレム睡眠」は体内時計とかかわりなく「寝た」というスイッチが入ったところから3時間です。夜12時に寝れば、最初の3時間に深い睡眠、3時から6時で浅い睡眠が取れます。

−−夜中の3時に寝た場合は?

深い睡眠と浅い睡眠が競合関係になって、両方とも不完全になります。夜12時から朝6時まで寝た場合と、夜中3時から朝9時まで寝た場合では、時間は同じでも睡眠の質が違う。だから、短時間しか眠れない時も、12時〜6時を中心に短く。長時間寝る場合も、前後に大きくずれない方がいい。

−−浅い睡眠と深い睡眠の両方が必要?

深い睡眠が身体のメンテナンス、浅い睡眠が心のメンテナンスをしますから、パッケージで取れた方がいい。順番はまず深い睡眠を取って、その後に浅い睡眠。できれば浅い睡眠の間に起きると目覚めやすいです。(おわり)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
By A.S. in Jan., 2009
posted by asato at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝ているだけでダイエット(その2)

今回は、毎日新聞の記事を取り上げ引用いたします。
またまた耳慣れない言葉に遭遇です。。。それは、「寝ているだけでダイエット」です。。。
記事のタイトルは、「快眠のツボ:『不眠の原因、長時間労働も』スリープクリニック調布・遠藤拓郎院長に聞く(その2)」です。
記事タイトルにリンクを張っておきますね。。。
チェックしてみると面白い情報が得られるかもしれません。。。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

起きようと思った時間より早く目が覚めてしまう。もしかして不眠症かもしれないと悩んでいませんか? スリープクリニック調布・遠藤拓郎院長によると、年齢を重ねると、寝床にいる時間より眠れる時間が短くなるらしい。その不眠、もしかして「寝すぎ」かもしれません。【聞き手・岡礼子】

−−眠れる時間は、年齢によって違うのですか。

眠れる時間を年齢ごとに計った実験があって、2歳は2日12時間くらい眠れる。20歳は8時間、70歳は6時間でした。睡眠には、夢をみる「レム睡眠」とほとんど夢をみない「ノンレム睡眠」があります。「ノンレム睡眠」は深度が4段階あって、夜12時から朝7時まで寝た場合、一番深い眠りは寝てから3時間の間に多く出ます。その時、成長ホルモンが多く分泌される。「寝る子は育つ」と言われるのは本当です。子供は深い睡眠が多い。だから成長ホルモンがたくさん出る。高齢になると、深い睡眠はほとんどなくて、目が覚めていることも多い。

−−年を取ると浅く短くなる。

寝床にいる時間を年齢ごとに計った別の実験もあるんです。結果を見ると、幼稚園児は9時間半くらいでした。幼稚園児が眠れる時間はだいたい10時間くらいなので、寝床にいる時間はほとんどすべて寝ていることになります。20歳は1日7時間半くらい寝床にいました。20歳が眠れるのは約8時間なので、やはり100%眠れる。

−−高齢者では?

70歳の男性の場合、寝床にいる時間はだいたい8時間でした。10時ごろ寝床に入って6時ごろに起きている。でも、70歳が眠れるのは6時間です。あとの2時間はどうしているのか。寝つきが悪いとか、途中で目が覚めるということになる。横になっている時間が長すぎるんです。

−−不眠だと感じてしまう。

 不眠症の原因の第1は年を取ったことです。「深く眠れない」「途中で起きる」「朝早く目覚める」「寝付きが悪い」など不眠の4大症状が、高齢というだけでそろう。00年〜01年の研究者の調査では、全国で約2000万人〜2500万人が不眠症でした。この中には、眠れる時間より長く寝床にいて眠れないという人も含まれます。

−−不眠が多い原因は?

ストレス、不規則な生活、嗜好品の過剰摂取の三つだと考えています。総務省統計局の調査を見ると、最近5年間で就労時間が著しく伸びています。僕の解釈ですが、不況でリストラされた人は、長時間働かないとリストラ前と同程度の収入は得られない。会社に残っても、人員が減っていますから長時間労働になる。しかも、自ら進んで働くのではなく、仕方なくというネガティブな働き方なので、ストレスもたまる。

−−ストレスや不規則な生活を自分で直すのは難しい。

若い人は、どこでも眠れます。しかし、中年を過ぎると、意識して生活しなければ良質な睡眠は取れません。「ストレスがあっても、ネットやコンビニがあっても睡眠習慣は変えない」という知恵が必要になる。タバコやアルコールでリラックスできたとしても、ほどほどにする。「夜はちゃんと寝よう」という世の中にしないといけません。

−−寝ている間は何もしていないと考えがちです。

寝ている間も身体の中は動いています。睡眠時間の前半に多く出る「ノンレム睡眠」は身体のメンテナンス、後半に出る「レム睡眠」は心のメンテナンスをします。睡眠状態が良くないと深い睡眠が取れないので、ただ寝ればいいというわけではありません。睡眠は自然に維持されるのではなく、自分で積極的に管理しないと人生がうまくいかなくなります。(その3は13日に掲載します)

^^^^^^^^^^^^^^^^
By A.S. in Jan., 2009
posted by asato at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝ているだけでダイエット

今回は、毎日新聞の記事を取り上げ引用いたします。
またまた耳慣れない言葉に遭遇です。。。それは、「寝ているだけでダイエット」です。。。
記事のタイトルは、「快眠のツボ:『寝ているだけでダイエット』調布睡眠クリニック・遠藤院長に聞く(その1)」である。
記事タイトルにリンクを張っておきますね。。。
チェックしてみると面白い情報が得られるかもしれません。。。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

寝ている間、体内ではホルモンが忙しく働いている。遠藤拓郎・スリープクリニック調布院長は「睡眠には、細胞を新しくしたり、脂肪を燃やす役割がある」と説明する。寝ているだけでダイエットになるのなら儲けもの。睡眠中に体内で何が起きているのか。遠藤院長に聞いた。【岡礼子】

−−寝ている間、体内は活動している?

人間は休息のためだけに眠るわけではありません。睡眠には大切な役割があるんです。寝ている身体の中では、成長ホルモンが古くなった細胞を新しくしたり、コルチゾールというホルモンが蓄積した栄養素をエネルギーに変えたりしています。

−−具体的には。

例えば紫外線を浴びて肌の細胞が壊れる。成長ホルモンがなければ壊れたままです。成長ホルモンは、子供の時に出ると思われていますが、大人にも出ます。分泌される時間に特徴があって、朝7時と夜11時に出る。昼間はほとんど出ません。

−−コルチゾールは。

コルチゾールはストレスホルモンと言われ、ストレスにさらされると出るものですが、実は別の働きもあります。体内のグリコーゲンを分解してブドウ糖を作る働きです。人間は、食事に含まれるブドウ糖を体内で燃やすことで活動しています。朝ごはんのブドウ糖で昼まで、昼ごはんで夕方、夕ご飯で夜まで生きる。

−−夜から朝は。

夜中の2時、3時にコルチゾールが分泌され、身体に蓄積された脂肪を燃やしたり、グリコーゲンを分解してブドウ糖を作ります。体内の栄養素で朝まで生きるので、寝ているだけでダイエットになります。逆に、夜遅く食事をすると、燃やす予定のエネルギーが脂肪に変わって、身体に蓄積されてしまう。

−−夜食は厳禁ですね。

もともと人間は夜の絶食に備えるため、その場で使うより少し多めにエネルギーを摂取しています。コルチゾールはそのためのホルモンです。もう一つ、メラトニンというホルモンが夜9時ごろに分泌されはじめます。夜間はそのまま分泌され続けて、朝になると低くなる。日本では未認可ですが、メラトニンは米国ではホルモン剤として販売されている。体内で分泌されても、薬として摂取しても眠くなります。

−−ホルモンは、分泌時間が決まっているんですか?

コルチゾールもメラトニンも、脳の体内時計が制御しています。体内時計は目の後ろにあって、ここが「そろそろ夜だ」と指令を出すとメラトニンが出る。「そろそろ朝だ」の指令でコルチゾールが出ます。ただ、人間の体内時計って1日に何回測っても25時間なんです。

−−1時間多いのはなぜですか。

それは分かっていません。ただ、体内時計が光によって制御されていることは解明されています。25時間の周期は、朝起きて太陽の光にあたると1時間調整される。「時計遺伝子」は、単細胞生物から人間までさまざまな生物が持っています。地球上の生物は太陽を無視できないということですね。

−−どの生物も25時間ですか?

周期は「種」によって違います。マウスは23時間ですが、同じねずみでもラットは25時間です。一般的に夜行性の生物は24時間より長く、昼間動く生物は24時間より短い。人間は昼間働いているから、本当は24時間より短いはずですが、25時間です。もともと夜行性だったのかもしれない。古代人の周期は分からないので、現代になって変化したどうかも分かりません。(その2は12日に掲載します)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
By A.S. in Jan., 2009
posted by asato at 08:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 簡単ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

簡単ダイエット

文章を見ると不思議に思われるかもしれません。。。
この記事は1月初めに書いたものです。。。現在引っ越し中のため、気にかかるやもしれませんが、お許し下さいね。。。
今日からユーターンラッシュが始まり、また、普通の日々の始まりですね。。。
皆様は、この2009年に何を願いましたか。。。

今回は、簡単ダイエットに関するYouTube動画を取り上げておきます。
いずれも簡単に実行できそうな方法のように思います。。。
あなたも取り入れてみたらいかがでしょうか?
無理なく、楽しくきるものを取り入れ、継続していくということが大事なのだろうと思います。
参考にしていただけると嬉しいですね。。。

誰でも簡単!歩くだけダイエット法


歩く際の歩幅を大きくする方法とのことです。

天使の羽エクササイズ


肩甲骨の部分のストレッチのようです。

ベリーダンス ファーストステップ〜一曲振付け完全マニュアル〜


骨盤ダイエットに関連するダンスステップのようです。

By A.S. in Jan., 2009
posted by asato at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝バナナダイエット

YouTubeの動画サイトをチェックしてみると、興味のある動画が多数投稿されています。
次のような動画が投稿されているのを見つけましたので、それを取り上げてみることにします。。。
ひとつは、「朝バナナ/ダイエットセミナー」です。
またミノモンタ氏が出演するテレビ番組でも取り上げられたようで、「朝バナナダイエット-その1」、「朝バナナダイエット-その2」というのを発見しました。

植森流ダイエット法が指摘しているように、ダイエットの基本は「楽しく、そして、ゆっくり」であると思います。。。
人それぞれに肉体能力が異なり、「健康」という観点から、「無理は禁物」ということもあります。
読者の皆様が、それぞれの必要性に応じて、それぞれの流儀で取り組めばいいのではないかと感じます。。。

○朝バナナ/ダイエットセミナー


この中では、「基礎」があり、その上に「応用」があるということを説明しています。
この基礎と応用について、「守」(基本体験が必要)、「破」(応用の導入)、「離」(自分なりのオリジナルパターン)というプロセスが大事である点に触れています。。。

朝バナナダイエット-その1


ミノモンタ氏出演のテレビ番組の一部です。
その1、その2とシリーズになっており、色々な角度から朝バナナダイエットについて触れていますので、参考になるのではないかと思います。

朝バナナダイエット-その2

By A.S. in Jan., 2009
posted by asato at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

電車の中でもエクササイズ・・・!!

今回はまた、アサヒ・コムの記事を取り上げ、引用します。
タイトルは、「電車の中でもエクササイズ」です。これも「簡単ダイエット」の一種といえますよね。。。
記事タイトルにリンクを張っておきますので、記事もチェックしてみてくださいね。。。

===============
通勤で電車を使う方は、その時間の過ごし方をいろいろと工夫されていると思います。
そんな時間の中にも取り入れられるちょっとエクササイズを、谷本道哉さんに指導していただきました。
あなたも取り入れてみませんか?

電車の中では本を読んだり、ノートパソコンを広げて仕事をしたりする方も多いと思いますが、その合間に10〜20秒ほどのエクササイズを入れると、電車で過ごす時間にもメリハリがつきます。

電車の中ですので、周りの目が気になるような大胆なエクササイズをするのは気がひけるでしょう。
そこで、ここでは動きのないアイソメトリックトレーニングをご紹介します。
動かずに力をぐっと入れて耐える運動です。
何もしていないふりをしてコソッと、ちょっとエクササイズをしてみましょう。

1.カーフレイズ

主にふくらはぎ(下腿三頭筋)の筋肉を鍛える運動です。
ふくらはぎの筋肉を鍛えることで、スラリと引き締まった膝下をつくります。
足首も細く見えます。
かかとをわずかに浮かせて、ふくらはぎの力で耐えます。
10〜20秒を目安にできるだけ長く、つま先立ちをします。
片足ずつ行うと、強度が2倍になります。
人目を気にせずに運動できる人は、つり革につかまったまま、かかとのあげおろし運動をしても良いでしょう。

2.つり革プル

主に背中(広背筋)と腕(上腕二頭筋)の筋肉を鍛える運動です。
広背筋は背中のシルエットを形づくる筋肉で、V字型、いわゆる逆三角形の上半身をつくります。
また、V字の背中は、ウエストを細く見せます。
握ったつり革をグッと下向きに引きます。
全力で5〜10秒行います。
左右の手でそれぞれ行います。

3.網棚プレス

主に肩(三角筋)と腕(上腕三頭筋)の筋肉を鍛える運動です。
両肩の筋肉は、逆三角形の上の両端部分を形づくる筋肉です。
肩の筋肉がしっかりとつくと、シルエットにメリハリが出て、上半身がキレイに見えます。
つかんだ網棚をグッと上向きに押します。
全力で5〜10秒行います。
左右の手でそれぞれ行います。
いずれの種目も、休憩をはさみながら2〜3セットを行います。
------------------
コラム
間食は肥満のもと?
------------------
今回は、エクササイズと同時にちょっと気をつけたい「間食」について。
「間食=太る」というイメージを持つ方は多いと思います。
食事の回数を増やして小分けに食べること自体は、実は悪いことではありません。
むしろ、少量ずつの食事は血糖値を安定させ、体脂肪の合成を抑制します。
体脂肪をできるだけつけずに筋肉を増やそうとするボディービルダーは、一日に6〜8食の食事をとるそうです。
空腹状態は筋肉の分解を促進しますので、お腹が空いたら我慢せずに間食をとってもかまいません。
「間食=太る」原因は、そのとり方にあります。
間食することで1日のトータルの食事量が増えてしまっては、体重は当然増えることになりますし、「なんとなく時間がきたから」、「なんか口寂しいから」といった空腹と関係なくとる間食は、当然肥満の元凶になります。
また、脂肪分や吸収の速い糖質(甘いもの)を多く含む、いわゆるスイーツも、エネルギー過多になりやすいので量を抑えるべきでしょう。
=================
By A.S. on 23 Dec., 2008
posted by asato at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オフィスでするエクササイズ・・・!

今回はまた、アサヒ・コムも記事を取り上げ、引用します。
タイトルは、「オフィスでするエクササイズ」で、これも簡単ダイエットのひとつといえるでしょう。。。
タイトルにリンクを張っておきますので、記事もチェックしてみて下さいね。。。
参考になると嬉しいですね。。。

==========================
オフィスではデスクにほとんど座りっぱなしで、一日パソコンに向かっている人も多いと思います。
今回は、オフィスで簡単にできる「ちょっとエクササイズ」を谷本道哉さんにうかがいました 。

じっとすわったままでは身体活動は少なくなりますし、同じ姿勢でじっとしていると肩周辺や下肢の血液循環も滞り、「肩こり」や「足のむくみ」の原因にもなります。

これでは体がなまってしまって、肝心の仕事のほうもはかどりません。肩の周辺などを軽くほぐす体操や、ちょっとしたデスクでの運動を行うことで、体はもちろん頭も“活性化”。
仕事もはかどる、一石二鳥のエクササイズです。

1.「ほぐし運動」

腕回し、首回し、肩回し、膝(ひざ)の屈伸で全身をほぐす運動です。
血行を促進し、コリやむくみも解消します。
いずれも各5回くらい行います。

腕回し

肩の力を抜いて、大きく腕を回します。
肩から先の腕ではなく、腕の根本の肩関節から大きく回します。
前回し、後ろ回しの両方を行います。

首回し

力を抜いて、首を大きく回します。
左回し、右回しの両方を行います。

肩回し

肩の力を抜いて、肩を大きく回します。
肩は思ったよりもかなり大きく動きますよ。
前回し、後ろ回しの両方を行います。

膝の屈伸

椅子を使って、ゆっくりと大きな動きで膝の屈伸を行います。
膝が伸びたときは、上体を前に倒して、ももの後ろ側を伸ばすようにします。

2.「ちょっと空気椅子」

主に太ももの前と後(大腿(だいたい)四頭筋、ハムストリングス)、お尻(大でん筋)の筋肉を鍛える運動です。
下半身全体を鍛えて、強い足腰をつくります。強い足腰ができると、スイスイと速く歩けるようになります。
バランスを崩さないように机に手を置き、椅子から少し腰を浮かせます。
空気イスにすわっているように、5秒〜10秒程度を目安にできるだけ長い時間がんばってみます。
トイレや移動などで席を立つ前などに取り入れると、習慣化しやすいと思います。

3.「ちょっとレッグレイズ」

主にお腹(腹直筋)、お腹の深部(大腰筋)、もも前(大腿直筋)を鍛える運動です。
特に下腹に効果のある運動です。
下腹で内臓をしっかり支えられるようになるため、下腹ぽっこりを解消できます。
椅子にすわって、足を少し上げます。
おなかの力で、ももを引き上げるように意識します。このとき、机に手を置いて体を支えると、バランスを取りやすくなります。
10〜20秒程度、できる範囲で長い時間その場で静止します。
もしくは小刻みに10〜20回程度の足の上げ下げをします。
椅子の前のほうに腰かけて、足を前に大きく出すほど、運動の負荷が大きくなります。
2.と同様に、トイレや移動で席を立つ前などにこのエクササイズを取り入れると、習慣化しやすいでしょう。

--------------------
コラム
デスクワークと肩こり
--------------------
デスクワークで、ややうつむいた姿勢をずっと続けていると、肩口や首周囲の筋肉が持続的に緊張を続けるため、血液循環が悪くなり、疲労を誘発する乳酸が慢性的にたまった状態になります。
すると筋肉がかたくなり、痛みが発生します。
いわゆる肩こりの状態です。

この状態を解消するには、ちょっとエクササイズの1に紹介した「腕回し」「首回し」「肩回し」などで、肩周辺をこまめに大きく動かしてほぐしてあげることが大切です。
動かすことで血液の循環がよくなり、筋肉がほぐれてやわらかくなります。
また、筋肉の力をぬいてリラックス状態にするには、「首を前や横に倒すストレッチ」も有効です。
================
By A.S. on 23 Dec., 2008
posted by asato at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。