Sponsored Link

2010年10月16日

ダイエット、エアロライフサイドステッパー効果

エアロライフサイドステッパーは、本体部分に足を乗せて
上下、右左と体重を交互に移動させることで、階段上り並みの
全身運動が出来るシェイプアップ商品です。 
続きを読む
posted by asato at 12:34| Comment(0) | ダイエットエクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

ピラティスエクササイズ(2)

ピラティスは、1890年代初期にジョセフ・ピラティスによって考案された、エクササイズです。
身体の中心であるコアにアプローチをして、ゆがみや悪いクセを改善し、バランスのとれた美しいボディラインをつくります。
現在ピラティスには、ヨガ同様、様々なスタイルがあります。どんなスタイルでもそのエクササイズを楽しむことが、成功の秘けつになります。
今日は、Exercise 2 水の中を泳ぐイメージ、Excercise 3 猫の気分で背中を動かす、Stretch 貝のようにマットに伏せて、を紹介しておきますね。。。
続きを読む
posted by asato at 08:00| Comment(0) | ダイエットエクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

ピラティスダイエットの方法

ピラティスは、1890年代初期にジョセフ・ピラティスによって考案された、エクササイズです。
身体の中心であるコアにアプローチをして、ゆがみや悪いクセを改善し、バランスのとれた美しいボディラインをつくります。
現在ピラティスには、ヨガ同様、様々なスタイルがあります。どんなスタイルでもそのエクササイズを楽しむことが、成功の秘けつになります。
続きを読む
posted by asato at 09:00| Comment(0) | ダイエットエクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

ダイエット、エアロライフサイドステッパー効果

エアロライフサイドステッパーは、本体部分に足を乗せて
上下、右左と体重を交互に移動させることで、階段上り並みの
全身運動が出来るシェイプアップ商品です。 

エアロライフ サイドステッパー 関連リンク


エアロライフ サイドステッパー / イメージ
続きを読む
posted by asato at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットエクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

ピラティスエクササイズの方法(2)

ピラティスは、1890年代初期にジョセフ・ピラティスによって考案された、エクササイズです。
身体の中心であるコアにアプローチをして、ゆがみや悪いクセを改善し、バランスのとれた美しいボディラインをつくります。
現在ピラティスには、ヨガ同様、様々なスタイルがあります。どんなスタイルでもそのエクササイズを楽しむことが、成功の秘けつになります。
今日は、Exercise 2 水の中を泳ぐイメージ、Exercise 3 猫の気分で背中を動かす、Stretch 貝のようにマットに伏せて、を紹介しておきますね。。。
続きを読む
posted by asato at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ダイエットエクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

ピラティスダイエットの方法

ピラティスは、1890年代初期にジョセフ・ピラティスによって考案された、エクササイズです。
身体の中心であるコアにアプローチをして、ゆがみや悪いクセを改善し、バランスのとれた美しいボディラインをつくります。
現在ピラティスには、ヨガ同様、様々なスタイルがあります。どんなスタイルでもそのエクササイズを楽しむことが、成功の秘けつになります。続きを読む
posted by asato at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットエクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

日々を快適に過ごすためのヨガの呼吸法

読売新聞の記事、「ヨギーニ小町になるには<17>」を取り上げておきます。
記事タイトルは、「日々を快適に過ごすためのヨガの呼吸法」です。日々快適に生活することにより、ダイエットナ生活に役立つかもしれませんね。。。
記事を引用しておきますね。。。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
〇日々を快適に過ごすためのヨガの呼吸法

アクティブに身体を動かすことで鍛錬される「行動体力」」と、ストレスに負けず、病気になりにくい力とも言える「防衛体力」を、ともに養うフィットネスヨーガを考案した「フィットネスヨーガ協会」代表の橋本光先生が指導する、初心者でもできるヨガの呼吸法。

前回は身体を浄化させる速い呼吸法を練習しましたが、今回は心身を安らかに導く、ゆっくりした呼吸の練習法を紹介します。

ヨガのポーズをとる時は、ゆっくりと深い呼吸をする。基本的に鼻で吸い、鼻で吐く腹式呼吸だ。深呼吸すると気分がゆったりするのと同様、ゆっくりと深い鼻呼吸をすると精神的にリラックスできる。また、多くの酸素を取り込むことでポーズを取りやすくし、その効果を高めることにつながる。さらに上達すると、酸素とともに「気」を入れたり出したりするイメージが持てるようになる。「気」をコントロールすることによって、坐禅をした時のような瞑想状態に自分を導くことができるのだ。

この、ゆったりと心身が安らいだ状態は、ポーズをとらず、呼吸法を行うだけでも感じることが出来る。それを練習してみよう。

練習するのは、「ハタ」の原理に基づく呼吸法。ハは太陽、タは月を意味する。ヨガでは鼻の右側で陽、左側で陰のエネルギーを吸収するという考え方がある。分かりやすくいうと、右の鼻孔で呼吸をすると交感神経を刺激し活動モードになり、左の鼻孔で呼吸をすると副交感神経を刺激しリラックスモードになるということだ。

ハタの原理に基づく呼吸法は左右の鼻孔を指で交互に押さえながら行う。心身の陰陽バランスを調整することで、より良い精神と身体の状態を作るという考えに基づいて実習される。

それではハタの原理に基づく呼吸法を以下、紹介していこう。

最初に練習したいのは「スカープルバカ」。スカーは快適、プルバカは呼吸。つまり、快適な呼吸という意味だ。

(1)背筋を伸ばして座る。初心者の方は安楽座という座りやすい座法をおすすめ。場合によっては椅子にすわってもよい。

(2)右手の人差し指を眉間に置き、中指を添える。右の鼻の穴を親指で、左の鼻の穴を薬指で押さえられるようにする。

(3)両方の鼻の穴からひと息吐いてから、親指で右の鼻を押さえてふさぎ、左から4秒吸う。吸いきったらそのまま16秒止める(16秒が難しい場合、6〜8秒でもよい)。薬指で左鼻を押さえてふさぎ、親指を離して右から8秒かけて吐く。

(4)指はそのままで、右から4秒かけて吸う。吸いきったら16秒とめ、親指で右を押さえてふさぎ、薬指を離して左から8秒かけて吐く。

(5)これを交互に繰り返す。

「秒数はあくまで目安です。時計の秒針を見たりすると集中できないので、心の中で数えます。吸うのに4、止めるのに16、吐くのに8数えると覚えてください。最初は息を止めて16数える時が苦しく感じると思います。苦しいようでしたら無理をせず、6〜8秒数えるようにしてください。慣れてくれば、ゆっくり16数えられるようになります。最初は左右5回ずつ、慣れてきたら左右10回ずつ行ってください。この呼吸法を行った後は、気分がすっきりとし、爽快感が味わえるはずです。」(橋本 光先生)



次に「ナーディシュッディ」という呼吸法。ナーディは気の通り道、シュッディは浄化するという意味だ。先程の「スカープルバカ」と同じように、左・右の鼻孔から吸息、吐息を行うが、息をとめるクムバカは行わない。

(1)背筋を伸ばして座る。

(2)親指で右鼻を押さえてふさぎ、右手人差し指、中指は折り曲げ、薬指、小指は伸ばしておく。一度息を吐いた後、左鼻孔から4秒で息を吸い、すぐに右鼻から8秒で吐く。吐き終えたらすぐにそのまま右の鼻孔から4秒吸い、次に左鼻孔から8秒で吐く。

「これも心の中で、吸う時に4、吐く時に8数えてください。慣れてきたら、数える回数を吸う時に5、吐く時に5と、増やしていきましょう。左右5回ずつ行ってください。また、左鼻孔からの呼吸が気持ちをゆったりさせ、右鼻孔からの呼吸は気持ちを活動的にする効果があるといわれています。この呼吸法にはそのように精神をコントロールする効果があるのです。」

スカープルバカを左右5セット、ナーディシュッディを左右5セットとして、両方行っても数分あれば済む。

「朝起きたときなど、ちょっとした時間を使って行ってみてください。これを習慣化し、この呼吸法がうまく出来るようになると日常の呼吸もゆったりとしたヨーガ的な呼吸になってきます。この呼吸は安定した精神状態を作る。朝の5分程度の意識的な呼吸法の実践は、残りの、呼吸に無意識の23時間55分を快適にする方法でもあるのです。」

^^^^^^^^^^^^^^^
By A.S. on 23 Feb., 2009
posted by asato at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットエクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

楽しもうとすることが大切。。。

昨日の記事の続きです。
日本のヨガブームを作った第一人者であり、「インターナショナルヨガセンター」を主宰するケン・ハラクマ先生の一問一答です。
記事タイトル、「楽しもうとすることが大切」にリンクを張っておきますね。。。
植森美緒さんも同じことを指摘していましたよね。。。「楽しく、ゆっくり、のんびりダイエット」ということにもつながりますよね。。。

^^^^^^^^^^^^^^^^^


Q:ヨガは朝やった方がいいですか?やった方がいい時間帯は?
A:朝起きてから寝るまで、すべてがヨガの練習です。

Q:生活自体がヨガの練習ですか?
A:ポーズの練習は、朝やるとすごくダイナミックになってエネルギーをチャージをすることができます。一方、仕事などで外に出て、1日が終わって疲れて帰ってきて、ゆったりするときのポーズは、どちらかというと、ひとつひとつ長めにゆっくりと時間をかけて行います。そうするとリラックスします。目的が違います。かといって、リラックスするポーズばかりをやっていては、精神的成長を伴ないません。エネルギーをチャージして意識を覚醒させて、覚醒させた意識で通常のほかの部分の行動に跳ね返ってその行動を変えていくと、精神的な成長がともないます。

Q:自分に合った先生を見つけるにはどうしたらいいですか?
A:合っているかどうかはやってみないとわからない。行けるところに行ってみる。まず、行ってみてフィットすればそこで続ければいいし、合わなかったら次にいけばいいでしょう。

Q:次の質問です。レッスン前に食事をしてはいけませんか?または、どのくらい間をあけておいた方がいいですか?
A:ポーズをする前に食べていけないわけではないけれど、食べてしまうとおなかに物が入っている状態で、体をねじったり曲げたりするのには、非常に心地よくない。それに加え、まだ胃に物が入っていれば上に戻ってきてしまいます。胃に入っていなくても腸に残っていて排泄していない状態で練習をすると、中でガスが発生するし、腰まわりや股関節にプレッシャーがかかり、逆に痛くなります。一番いいのは胃腸は空っぽな状態にしておくこと。

Q:家で、独学でヨガをやりたいのですが…
A:ヨガを深めていくには先生がいないことにはできないですよね。続けていくうちに中からどうすればいいか答えをつかむことができるかもしれませんが、最初は本なり、先生なり、何かのガイダンスがないと、何をやっていいのかわかりませんよね。それまでは外から情報を入れて進んでいくというのがヨガのやり方です。

Q:行くこと自体がプレッシャーになってしまい、レッスンが長続きしないのですが。
A:楽しもうと思うことが大切です。

^^^^^^^^^^^^^^^^
By A.S. on 11 Feb., 2009
posted by asato at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットエクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

ヨガとは、自分自身

今回は、記事としては古く2008年8月12日付ですが、興味があるので取り上げておきます。
記事タイトルは、「ヨガとは、自分自身」で、読売新聞のヨギーニ小町の第1回目の記事です。
日本のヨガブームを作った第一人者であり、「インターナショナルヨガセンター」を主宰するケン・ハラクマ先生に対する一問一答形式の記事で、ケン・ハラクマ氏にとっての「ヨガとは何・・・???」がよく理解できると思います。。。
このブログでも、12月14日付記事でYOMIURI ONLINEの「ヨギーニ小町になるには<3>」という連載記事を紹介しましたので、そちらと合わせて見て頂けると嬉しいいですね。。。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「ヨガとは、自分自身」

ヨガをもっと知ってもらうために、ヨガの指導者たちに連続してお話をうかがった。第1回目は、日本のヨガブームを作った第一人者であり、「インターナショナルヨガセンター」を主宰するケン・ハラクマ先生。真っ黒に日焼けして精悍(せいかん)な印象の先生は、背筋がピンしており、凛とした立ち姿で迎えてくれた。ヨガ全般に関わること、そして「発言小町」に読者から寄せられた素朴な疑問やヨガとの取り組み方などについて答えていただいた。
最新著書「ヨガから始まる」によると、「ヨガはトレーニングではなく、生き方です」とのこと。これを実践している先生のお話は、刺激的だった。



Q:ヨガを始めたきっかけは?
A:ストレスがたくさんたまっていたので、解消するために始めました。

Q:先生がヨガを始めた頃は、今のようなヨガブームはなかったのでしょうね。
A:私がヨガを始めたのはアメリカからナンシー・ステッカートさんという先生がたまたま日本に来ていて、出会ったのがきっかけです。まだ、そのころは日本では現在のようにメジャーではなかったですね。

Q:ヨガを始めて変わったことは?
A:無理をしなくなったとか、自分のやりたいことが明確にわかってきたとか、?ストレスに対するメンテナンスができてきたりとか、やっぱりいろいろな変化がありましたね。今も少しずつ変化をしていますけどね。

Q:食事で気をつけていることは?
A:今は1日1食ですね。

Q:朝食だけですか?
A:昼食だけです。あまり消化の悪いものは食べないようにしています。ほとんどフルーツ中心で肉や魚は食べません。

Q:どんなフルーツを?
A:その時々の過ごしている場所で採れる旬なフルーツや、手に入るもの。バナナやトマト、ときどきアボカド。夏場はスイカ、パイナップルです。

Q:フルーツだけで体力は持ちますか?
A:一応今は持っています。(笑)

Q:ヨガとはどんな存在ですか?
A:ヨガとは……自分。

Q:なくてはならないものですか?
A:そうですね!どうにもこうにもなくならないです。

Q:ヨガ以外では、サーフィンをされるとか。
A:サーフィン自体もヨガの一部ですね。バランスを取ったり、自然と親しんだり、呼吸を繰り返しながらパドリングをしたり。

Q:修行の一部ですか? 
A:何かに向かって修行する段階と、どこにも向かわないという段階があるとすれば、今はどこかへ行くために、というわけではないですね。

Q:どんなところでサーフィンを。
A:ハワイやバリ。先週はずっとヨガリトリートで御前崎や白浜にいて、伊豆では少しサーフィンをしました。

Q:「ヨガフェスタ 横浜 2008」に来る方へメッセージをお願いします。
A:私もいくつかクラスを持ちます。ぜひ楽しんでください。

Qヨガのレッスンを受けるのは9割方女性が多いかと思いますが。
A:教える方は男性も結構多いかな。

Q:先生は「アシュタンガ」という流派だそうですが、どういう経緯でそこにたどりついたのですか?
A:インドに習いに行ったとき、そこの先生が「アシュタンガ」だったからです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
By A.S. on 10 Feb., 2009
posted by asato at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットエクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

Wii Fit / ゲームで肩こり対策(健康)

あるいはお気づきになられたと思いますが、右サイドバーに多くの人が見ているYouTube動画を取り入れております。。。
楽しんで頂けるようだと嬉しいですね。。。
NIIKEI WEBSITE記事を取り上げ引用します。
ゲーム感覚でダイエットに取り組んだり、また、健康対策に取り組むことが可能であるということに興味をひかれております。
参考になれば嬉しいです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
健康管理トレーニング | 肩こり対策

デスクワークが続くと、肩のこりに悩まされる人も多いと思います。
肩こりの解消には、体を温めて血行を良くし、固まってしまった肩の筋肉をほぐしていくことが大切です。
ここでは、ヨガのポーズ2種類と有酸素運動のリズムボクシングで、肩こりを解消していきます。
座り仕事で肩がこったり、体にだるさを感じた時にやってみましょう。

トレーニングの前に準備運動をしましょう


ヨガ/三日月のポーズ

このポーズは、全身の血行をよくします。 まずは、疲れて凝り固まった体をのばして、体を温めていきましょう。

【POINT】
体を倒すときは、曲げるというよりも斜め上にのばしていくような意識で。
曲がる時に、肩が前に出て、胸が下を向くことがないように注意!
画面に出ている青い丸の動きに合わせて、ゆっくりと静かに呼吸を整えましょう。


ヨガ/太陽礼拝

全身を温める効果や、脂肪を燃やして筋肉や関節をほぐす効果があります。肩、背中、腰はつながっているので、全体を一緒にのばしてあげると効果的です。 肩の関節や背中の筋肉の緊張を、このポーズでとっていきましょう。

【POINT】
体を後ろにのばすところで、反りすぎないように。
前屈の時は、背中を丸めないように。
腹筋をしっかりひきあげて、上に伸びていきましょう。

有酸素運動/リズムボクシング

ボクサーに、肩こりの人はいません。パンチを出すには、肩の力を抜く必要があるからです。 リズムボクシングは上半身、特に肩周りのエネルギー消費や血流が増えるので、肩こり対策に最適ですし、気分転換にもなる運動です。

【POINT】
首を長くするように意識し、肩を落とし、肩の力を抜きましょう。
パンチを出す時に、「シュ、シュ」と息を吐くと有酸素運動の効果がUP。
ひじを伸びきらないように気をつけてパンチします。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
By A.S. in Jan., 2009
タグ:Wii fit
posted by asato at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットエクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。