Sponsored Link

2010年09月25日

ナチュレルSPゲルクリームの最新クチコミ

肌の乾燥を防ぎ、潤いを与えるオールインワンゲルクリームです。
ヒアルロン酸をはじめとした16種類のうるおい成分を配合し、ふっくらとしたハリを与え、キメを美しく整えます。
無香料・無鉱物油・ノンアルコール・界面活性剤不使用・酸化防止剤不使用です。
続きを読む
ラベル:美容
posted by asato at 08:00| Comment(0) | 美容とダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

スキンケアは、アバリール1本の時代!!

これからのスキンケアは、アバリール1本の時代です!
オールインワンスキンケア!

アバリールは、「強電解酸性イオン水」で、キズの治療、除菌、
保湿に使われており、医療分野で注目を集めるようになっています。
この酸性水をジェルにすることで使いやすく、さらに効果を高めて
スキンケアに応用したものがアバリールです。

ウルオイプラザ

続きを読む
posted by asato at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容とダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

話題のBBクリームが入荷致しました!

話題のBBクリームが入荷です。。。
今韓国の女性達の間で話題で知らない人はいないくらいの大人気のクリーム。
BBクリームの「BB」とはBLEMISH BALM(ブレミッシュバーム)。
欠点・傷を補うと言う意味で、元々は医療用の保護クリームとして使われ、刺激を受けた肌を鎮静させるための目的で作られたクリームです。

続きを読む
posted by asato at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容とダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

ナチュレルSPゲルクリームの最新クチコミ

肌の乾燥を防ぎ、潤いを与えるオールインワンゲルクリームです。
ヒアルロン酸をはじめとした16種類のうるおい成分を配合し、ふっくらとしたハリを与え、キメを美しく整えます。
無香料・無鉱物油・ノンアルコール・界面活性剤不使用・酸化防止剤不使用です。

 
【送料無料】口コミで大人気!思わず触りたくなるモチモチプルプル肌♪  【送料無料】口コミで大人気!思わず触りたくなるモチモチプルプル肌♪ 続きを読む
posted by asato at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容とダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

ダイエットも美肌も“サイクル”を活用(その5)

日経WOMANの記事を取り上げ引用します。
記事のタイトルは、「ダイエットも美肌も“サイクル”を活用―月経リズムでハッピー&キレイをつくる!」です。記事タイトルにリンクを張っておきますので、記事もチェックしてみて下さいね。。。
参考になるようであれば嬉しいですね。。。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
4.ノンビリ期(黄体期/無理をせずリラックスモードで)

排卵後から上昇した基礎体温は36.5〜37度前後が続く高温期に入る。黄体ホルモンの分泌量が増加し、体は水分や栄養分をため込むモードに。無理なダイエットはせず、リラックスして過ごしたい。「イライラに悩まされる人は、バナナや牛乳に含まれるトリプトファンというアミノ酸を積極的に摂って改善を」(松村さん)。

○Work(計画の見直しやチェック期に)
「左脳が優位だった卵胞期、排卵期に比べ、右脳が優位になる黄体期。立てた計画を見直したり、じっくり思索する時期に」(松村さん)。黄体ホルモンの影響で眠気やだるさを感じる人も多い。無理のない仕事のペースを保って。
○ダイエット(スィーツの食べ過ぎに注意)
黄体ホルモンの影響で血糖値の上下に過敏になり、甘いものに走りがちな時期。「スイーツの食べ過ぎはさらに血糖値を乱降下させ、太りやすい体に。ストレス解消のために和菓子をひとつだけ食べる、黒砂糖のお菓子にするなど気を配ってほしいですね」(松村さん)。
○スキンケア(敏感肌もOKのUVケアを)
「月経前のお肌は刺激に敏感。使い慣れたコスメでケアするか、レスキュー的に敏感肌用のコスメを常備しておくのもいいですね」(友利さん)。黄体期は紫外線に過敏になるため、シミができやすい。低刺激のUVケア下地を欠かさずに。
------------------------
この人たちに聞きました
------------------------
松村圭子さん
婦人科医・美容皮膚科医

95年広島大学医学部卒業。同大学医学部付属病院産婦人科学教室を経て、07年にらら女性総合クリニックの院長に就任。女性の体と心の不調をトータルにケアするオーダーメードの診療を提唱する。
------------------------
友利新さん
皮膚科医・内科医

東京女子医科大学卒業。スキンサポートクリニック渋谷医院などで治療に当たるほか、テレビや雑誌のコメンテーターとしても活躍。著書に『28日サイクルできれいになる美肌暦』(青春出版社)。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
これで日経WOMANの当該記事の引用を終わりますが、「体のサイクルと美容及びダイエット」の記事が参考になるようであれば嬉しいですね。。。

By A.S. on 31 Jan., 2009
posted by asato at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容とダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

ダイエットも美肌も“サイクル”を活用(その4)

日経WOMANの記事を取り上げ引用します。
記事のタイトルは、「ダイエットも美肌も“サイクル”を活用―月経リズムでハッピー&キレイをつくる!」です。記事タイトルにリンクを張っておきますので、記事もチェックしてみて下さいね。。。
参考になるようであれば嬉しいですね。。。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
3.セクシー期(排卵期/女らししさがピークの魅力開花期)

排卵期の前に基礎体温は1度大きく下降し、そのあと徐々に上昇していく。排卵が起こると卵胞ホルモンは減少し始め、体温の上昇とともに黄体ホルモンの分泌量が増え始める。骨盤がきゅっと締まり、ボディーラインにメリハリが出るなど、排卵までは女性らしい魅力がピークに。デートや合コンの予定を入れても。

○Work(ペースダウン期の準備を開始)
まだ好調をキープしている時期。この後黄体ホルモンの分泌が増えると、一時的に作業能率はダウン。仕事の手を広げすぎず、この時期に意識して作業を前倒ししておくことで、後に続く「のんびり期」をリラックスして過ごせる。
○ダイエット(水分と繊維質で便秘対策を)
「黄体ホルモンの分泌が増えてくると血糖値の変動が激しくなります。食欲を爆発させないよう、この時期から意識して食事記録を取り始めて。むくみを防ぐため塩分を控えたり、便秘対策の繊維質と水分もしっかりと」(松村さん)。
○スキンケア(皮脂コントロールをスタート)
前半は卵胞期にピーリングで整えた肌にたっぷりと水分を与えたり、エステやマッサージでさらに磨きをかけるケアを。排卵後は皮脂の分泌が盛んになる時期。早めの皮脂コントロールで月経前のニキビトラブルをブロックしよう。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
次の回、「その5」の記事も参考にしてくださいね。。。

By A.S. on 30 Jan., 2009
posted by asato at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容とダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

ダイエットも美肌も“サイクル”を活用(その3)

日経WOMANの記事を取り上げ引用します。
記事のタイトルは、「ダイエットも美肌も“サイクル”を活用―月経リズムでハッピー&キレイをつくる!」です。記事タイトルにリンクを張っておきますので、記事もチェックしてみて下さいね。。。
参考になるようであれば嬉しいですね。。。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
1.ノリノリ期(卵胞期/ONもOFFもパワー前回!)

黄体ホルモンの分泌は少ないまま、卵胞ホルモンの分泌量が上昇! 卵胞ホルモンの影響でお肌がしっとり滑らかに。体のキレがよく、代謝もアップするため痩せやすくダイエットが成功しやすい時期。基礎体温は低温期が続く。

○Work(新規開拓やプラン作りの好機)
「卵胞期は左脳が優位になるため、分析力や論理的思考、記憶力が高まり仕事の能率もアップします」(松村さん)。卵胞ホルモンの影響で緊張や不安を感じにくい時期でもあるため、新規の営業開拓や、企画立案にも積極的に取り組んで。
○ダイエット(燃焼系の運動が効率アップ)
攻めのケアができるノリノリ期。「余分な角質を取って、皮膚の新陳代謝をよくするピーリングケアがおすすめです。悩みに応じたパワー美容液もここから使い始めたい」(友利さん)。脱毛ケアやヘアカラーなどもこの時期が◎。
○スキンケア(ピーリングで一段明るい肌に)
4つのサイクルの中で一番ダイエットに向いている「痩せ期」。有酸素運動を取り入れたり、積極的に体を動かして。代謝がアップしているため、仕事中によく歩くようにするなど意識するだけで、体が軽くなるのを実感できる。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
次の回、「その4」の記事も参考にしてくださいね。。。

By A.S. in Jan., 2009
posted by asato at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容とダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットも美肌も“サイクル”を活用(その2)

日経WOMANの記事を取り上げ引用します。
記事のタイトルは、「ダイエットも美肌も“サイクル”を活用―月経リズムでハッピー&キレイをつくる!」です。記事タイトルにリンクを張っておきますので、記事もチェックしてみて下さいね。。。
参考になるようであれば嬉しいですね。。。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
○4つのサイクルを効率的にONとOFFに生かそう!
1.ゆるゆる期(1ヶ月に一度のリセット期)

月経期は黄体ホルモンも卵胞ホルモンも分泌が最も少ない時期。月経前に増加した黄体ホルモンの量が減少するため、心の状態は少しずつ上向きに。基礎体温は36.5度以下の低温が続く。「体温が下がるため血流が悪くなりがち。ゆっくりお風呂に入り、体を温めると月経痛の軽減にもつながります」(松村さん)。

○Work(長時間の残業は避けたい時期)
「月経中は眠くなったり、だるさを感じる女性が多いもの。ゆったりと体を休め、余分な毒素を出し切ってしまいたい時期でもあります」(友利さん)。仕事量を調整し長時間の残業は控えて、月経直後のノリノリ期に備えたい。
○ダイエット(水分補給でさらに巡りを促す)
黄体ホルモンの影響でたまっていた余分な水分が排出され、むくみが解消されていく月経期。月経前に便秘気味だった人も排出を助けるために水分補給をしてデトックス効果をアップ。体を冷やさないように常温でとるように注意して。
○スキンケア(リラックス系の手入れを)
月経期は肌が過敏になりがち。特別なケアをするなら「肌にのせるだけのシートパックなど、負担が少なく保湿重視のものを選んで。ラベンダーやイランイランなど、リラックス系のアロマケアを取り入れると月経時の緊張も和らぎ、一石二鳥です」(松村さん)。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
次の回、「その3」の記事も参考にしてくださいね。。。

By A.S. in Jan., 2009
posted by asato at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容とダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

ダイエットも美肌も“サイクル”を活用(その1)

日経WOMANの記事を取り上げ引用します。
記事のタイトルは、「ダイエットも美肌も“サイクル”を活用―月経リズムでハッピー&キレイをつくる!」です。記事タイトルにリンクを張っておきますので、記事もチェックしてみて下さいね。。。
参考になるようであれば嬉しいですね。。。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
お肌や心の状態に大きく作用する、女性特有の月経リズム。リズムに沿った体と心のメンテナンス方法を、婦人科・皮膚科の医師のアドバイスとともにご紹介。時期ごとに使いたいコスメもガイド!

○自分のリズムを「知る」ことが美への第一歩!

「月に一度の月経は、心身のリセットとデトックスの好機です」と、婦人科・美容皮膚科医の松村圭子さん、皮膚科・内科医の友利新さんは口を揃える。

そもそも月経リズムは、2種類の女性ホルモン、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が一定の周期で増減することで生み出される。「卵胞ホルモンの分泌が多い時期は肌の調子もよく、女性らしい魅力がアップ。交感神経を優位に働かせるため、気持ちも前向きになります。一方、黄体ホルモンは“安定のホルモン”で体温を上げてくれますが、過剰になるとむくみや便秘を引き起こすことも。キレイを保つには上手に付き合わなければなりません」(松村さん)。

女性ホルモンの増減により排卵が引き起こされ、子宮内膜は受精卵を受け入れるためのベッドとして厚くなる。「妊娠しなかった場合、必要のなくなった子宮内膜が剥がれ落ちて出ていく状態が月経。月経前の黄体期にむくんでたまった余分な水分も排出されていく。月に一度の貴重なリセット期としてプラスにとらえたいですね」(友利さん)。

さらにリズムを把握するために、「月経記録や体調を“体の日記帳”として記録してみるのもおすすめです。月経時期や基礎体温のほか、例えば月経前に甘いものが欲しくなる、など心身の変化も書き出し、甘いものを食べるなら和菓子にする、といった自分なりの処方箋を持って。家族や恋人など親しい人には不調の時期をあらかじめ伝えておくことで、ストレスも軽減します」(松村さん)。

次のページ(次回以降のブログ記事として取り上げますね。。。)から女性ホルモンの増減やそれに伴う心身の変化を4つのサイクルにまとめた。効率的に活用して、“1カ月ごとにもっとキレイな自分”を目指そう!

^^^^^^^^^^^^^^
By A.S. in Jan., 2009
posted by asato at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容とダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。